サイレントノイズ・スタジアム

サッカーの歴史や人物について

ドナルド・ササーランドさん死去

 

カナダ出身の個性派俳優

ハンガー・ゲーム』シリーズの脇役などで知られるカナダ出身の個性派俳優、ドナルド・ササーランドさんが20日フロリダ州マイアミで死去したことが、息子で俳優であるキーファーさんのSNSにより公表された。

死因は公表されていないが、晩年は長期の闘病生活を送っていたという。88歳没。

息子キーファーさんは、自身の幼い頃の親子写真をXに投稿。「父は映画史上最も重要な俳優の一人だったと思います。演じる役が善人でも悪人でも醜くても、決してひるむことはなかった」と故人を追悼している。

 

生涯現役

ドナルド・サザーランドさんは1935年、カナダ東部ニューブランズウィック州のセントジョン生まれ。トロント大学ビクトリアカレッジで工学を履修しながら、トロントのコメディ劇団「UCフォーリーズ」で活動。卒業後はイギリスに渡り、ロンドン演劇アカデミーで学ぶ。

そのあとイギリスのテレビドラマや映画で俳優としてのキャリアを積み、67年にはスパイもののTVシリーズアベンジャーズ』に出演。この作品で注目されたサザーランドさんは、英米合作の戦争アクション『特攻大作戦』(ロバート・アルドリッチ監督)に起用された。

リー・マービンロバート・ライアンチャールズ・ブロンソンアーネスト・ボーグナインと有名スターを揃えた『特攻大作戦』でも独特の存在感を放ち、俳優としてブレイク。このあとハリウッドに渡ってキャリアのステップアップを図る。

70年にはブラックコメディ『M★A★S★H マッシュ』(ロバート・アルトマン監督)に主演。朝鮮戦争野戦病院に赴任した破天荒な軍医ホークアイ役を好演し、世界の注目を浴びた。

以降、『JFK』(91年、オリバー・ストーン監督)、『バックドラフト』(91年、ロン・ハワード監督)、『スペース カウボーイ』(2000年、クリント・イーストウッド監督)など数多くの話題作に出演。名脇役として輝きを放った。

2011年にハリウッドのウォーク・オブ・フェームに名を刻んだ際、「俳優にとって引退は死だ。私の仕事は死ぬまで続く」と生涯現役を宣言。60年以上のキャリアで200本近い作品に出演した。米アカデミー賞にノミネートされることはなかったが、17年にはアカデミー名誉賞を贈られている。

 

仏女優 アヌーク・エーメさん死去

 

フランスを代表する女優

甘い生活『男と女』などの映画で知られたフランス女優のアヌーク・エーメさんが、18日にパリの自宅で亡くなったことが伝えられた。92歳没。

50~60年代にフランスを代表する女優として活躍。その美貌とアンニュイな雰囲気、ファム・ファタールな魅力で世界的人気を博した。

俳優である娘のマヌエラ・パパタキスさんは、自身のSNSで「母アヌーク・エーメの旅立ちをお知らせすることに大きな悲しみを感じています。母がパリの自宅で今朝亡くなったとき、私はすぐそばで見守っていました」とコメントを発表している。

続きを読む

《サッカー人物伝》バスティアン・シュバインシュタイガー(ドイツ)

 

「中盤の支配者」

無尽蔵のスタミナと球際の強さに加え、高度な戦術眼と優れた展開力で攻守に能力を発揮した万能型MF。持ち前の馬力と高いスキルでゲームをコントロールするプレーは、パワフルかつエレガント。時に中長距離のキックで相手ゴールを陥れた。ドイツの誇る中盤の支配者が、バスティアン・シュバインシュタイガー( Bastian Schweinsteiger )だ。

 

名門バイエルン・ミュンヘンの下部組織で育ち、18歳でプロデビュー。瞬く間にチームの主力へと成長し、数々のタイトル獲得に貢献する。12-13シーズンはドイツ勢初となるトレブル達成の立役者となり、国内年間最優秀選手賞を受賞。「世界最高のミッドフィルダー」と称賛された。

 

ドイツ代表でも中盤の司令塔として活躍。ユーロ08大会の準優勝に貢献すると、10年W杯・南アフリカ大会では欠場したバラックに代わってチームを牽引。ドイツを2大会連続のベスト3に導く。14年W杯・ブラジル大会でもベテランとして大きな役割を果たし、世界王者の栄冠に輝いた。

この続きを読むには
購入して全文を読む

昭和の名女優 久我美子さん死去

 

華族出身の気品と風格

映画『また逢う日まで』などで知られる昭和の名女優、久我美子(本名、小野田美子はるこ)さんが9日に誤嚥ごえん性肺炎のため死去したことが、所属事務所のワタナベエンターテンンメントから公表された。

久我さんは村上源氏の流れを汲む華族の出身。その気品ある容姿とにじみ出る内面の美しさで、戦後の日本映画界を彩った名女優だった。93歳没。

1931年生まれの東京牛込育ち。侯爵で貴族議員を務める父、久我通顕の長女として育つ。

女子学習院中等科在籍中の1946年、「東宝ニューフェース」オーディションに応募。4,000人もの中から、三船敏郎さんらとともに約50人の第1期生に選ばれた。

翌47年、女子学院を中退して『四つの恋の物語』(豊田四郎監督)でスクリーンデビュー。祖父から映画界入りを猛反対されていたため、一時は名前を変えて活動する。そして18年公開の黒澤明監督作品、『酔いどれ天使』ではセーラー服の女学生を演じ、強い印象を残す。

 

日本映画史上に残るラブシーン

人気を決定づけたのは50年公開の『また逢う日まで』(今井正監督)。久我さんが岡田英次さんと窓ガラス越しにキスをする場面は、日本映画史に残る名ラブシーンとして語り継がれている。

その後も巨匠たちに重用され、黒澤明『白痴』(51年)、木下惠介女の園』(54年)、小津安二郎彼岸花』(58年)などの作品に出演。その気品と風格で映画ファンに愛された。

54年には岸惠子さん、有馬稲子さんとともに、女性だけの文芸プロダクション「にんじんくらぶ」を設立。『人間の条件』(59~61年、小林正樹監督)、『お吟さま』(62年、田中絹代監督)、『乾いた花』(64年、篠田正浩監督)などの作品を世に送り出す。

また69年にはフジテレビの情報番組『3時のあなた』で1年間司会を務めるなど、テレビでも活躍。NHK連続テレビ小説『旅路』『風の都』や、大河ドラマ『新・平家物語』『勝海舟』などにも出演した。

遺作となったのは、2000年公開の映画『川の流れのように』(秋元康監督)。それ以降は実質的な活動停止状態となり、晩年は養護施設で暮らしていたという。最近までは元気だったが、誤嚥性肺炎を起こし入院。そのまま帰らぬ人となった。

 

 

《サッカー人物伝》フランク・リベリー(フランス)

 

スカーフェイスドリブラー

単身サイドを切り裂き、爆発的な加速とトリッキーなドリブルで観客を沸かせたウィンガー。また攻撃的ポジションならどこでもこなせる器用さを持ち、コンパクトな体型を活かした敏捷さとテクニックでチャンスを演出。自らもゴールを奪った。顔に刻まれた傷跡と強い個性で「スカーフェイス」と呼ばれたのが、フランク・リベリー( Franck Henry Pierre Ribéry )だ。

 

フランスの名門オリンピック・マルセイユで頭角を現し、07年にドイツの強豪バイエルン・ミュンヘンへ移籍。左ウィンガーとしてチームをブンデスリーガ優勝とDFBポカール制覇の2冠に導き、リーグMVPに輝く。09年に加入したアリエン・ロッベンとは「黄金の両翼」を形成し、クラブの黄金期を共に支えた。

 

06年5月に代表初キャップを刻むと、半月後に開催されたW杯・ドイツ大会のメンバーに選出。たちまちレギュラーポジションを勝ち取り、フランスの準優勝に大きく貢献する。10年W杯・南アフリカ大会では主力を務めるも、「レ・ブルー崩壊」の戦犯とされ、フランスサッカー協会から3試合出場定処分を受けるなど挫折を味わった。

この続きを読むには
購入して全文を読む

《サッカー人物伝》ウェズレイ・スナイデル(オランダ)

 

「ゴールを狙うスナイパー」

両足から長短を織り交ぜた正確無比なキックを繰り出し、多くのチャンスを創出。広い視野と明確なプレービジョンを持ったゲームメーカー。機を見て放つミドルシュートの威力は抜群で、プレースキックの精度は他の追随を許さなかった。典型的な10番タイプの名手として活躍したのが、ウェズレイスナイデル( Wesley Benjamin Sneijder )だ。

 

オランダの名門アヤックスで頭角を現し、大きな期待を背負ってビッグクラブのレアル・マドリードと契約。07-08シーズンのリーガ・エスパニョーラ優勝に貢献するも、わずか2シーズンで放出される。09年に移籍したインテル・ミラノではその鬱憤を晴らし、主要タイトル3冠の立役者となった。

 

オランダ代表でもチームの司令塔として活躍。ロッベンファンペルシーとともに攻撃の3本柱を構成し、10年W杯・南アフリカ大会の準優勝に大きく貢献。5得点を挙げて大会のシルバーブーツ賞とシルバーボール賞に輝き、クラブの活躍と合わせてバロンドール候補にもなった。代表では同国歴代最多となる133試合出場の記録を持つ。

この続きを読むには
購入して全文を読む

《サッカー人物伝》ズラタン・イブラヒモビッチ(スウェーデン)

 

荒神あらがみの怒り」

圧倒的なボディバランスと巨体に似合わないボールスキルを持ち、ストライカー、セカンドトップポストプレー、チャンスメイクと多彩な役割をこなした攻撃の万能選手。高さとパワーを活かした空中戦は無敵を誇り、テコンドー仕込みの身のこなしでアクロバティックなゴールを決めた。その抜きん出た能力で「天才」と謳われたのが、ズラタン・イブラヒモビッチ( Zlatan Ibrahimović )だ。

 

25年に及んだキャリアでアヤック、ユベントスインテル・ミラノバルセロナACミランパリ・サンジェルマンマンチェスター・ユナイテッドと強豪クラブを渡り歩き、計30以上ものタイトル獲得に貢献。メンタリティーの強さでチームに活力を与え、「優勝請負人」と呼ばれた。セリエAリーグ・アンで通算5度の得点王に輝く。

 

スウェーデン代表で2度のW杯と4度のユーロ大会に出場。ナショナルチームの大舞台でこれといった実績を残せなかったが、数々のスーパーゴールは観る者を楽しませた。その代表キャアリアは22年の長きにわたり、同国歴代最多となる62ゴールを記録した。

この続きを読むには
購入して全文を読む

《サッカー人物伝》ヤヤ・トゥーレ(コートジボワール)

 

「ピッチに建つ巨像」

抜群の運動量でピンチの芽を摘むと、巨体を活かした迫力のドリブル突破で守備網を分断。攻守に存在感を発揮した大型セントラルMF。また大きな体格に似合わず足元の技術も確かで、豪快に突き刺す強烈なミドルシュートを武器にした。そのスケールの大きさで「巨像」と呼ばれたのが、ヤヤ・トゥーレ( Gnégnéri Yaya Touré )だ。

 

欧州の各クラブで下積み時代を送り、07年にスペインの名門FCバルセロナへ入団。中盤底のバランサーとしてチームの攻守を支え、08-09シーズンの3冠達成に大きな役割を果たす。2010年にはイングランドマンチェスター・シティに移籍。ここで攻撃の主力として活躍し、クラブ初のプレミアリーグ制覇に貢献した。

 

コートジボワールが初出場を果たした06年W杯ドイツ大会では、兄のコロ・トゥーレ、エースのドログバとともにチームの中核を担った。10年W杯・南アフリカ大会、14年W杯・ブラジル大会にも続けて出場。15年のアフリカネイションズカップでは、キャプテンとして代表を優勝に導く。

この続きを読むには
購入して全文を読む

B級映画の帝王 ロージャー・コーマン死去

 

キング・オブ・Bムービー

監督として、プロデューサーとして生涯500本以上の低予算カルト映画を世に送り出し、「キング・オブ・Bムービー(B級映画の帝王)」の異名で呼ばれたロジャー・コーマンさんが、5月9日に自宅のサンタモニカで死去したことが地元メディアから伝えられた。

コーマンさんは数々のB級作品を手掛けるだけでなく、新たな才能発掘にも定評があり、のちの人気俳優や名監督を見いだしたことでも知られていた。享年98歳。

故人を敬愛していたジョン・カーペンター監督からは「私の人生にもっとも影響を与えた映画監督の1人であるロジャー・コーマンが亡くなった。彼と知り合えたことは私の栄誉だった」と哀悼の言葉が寄せられている。

続きを読む

《サッカー人物伝》車 範根(大韓民国)

 

「アジアの虎」

東洋人離れした体幹の強さと抜群の身体能力を誇り、相手をなぎ倒す加速力でゴールへ突進。両足から繰り出される強烈なシュート、打点の高いヘディングに加え、秀でたテクニックも備えたオールラウンドなFW。80年代ブンデスリーガで得点を量産し「アジアの虎」と恐れられた韓国人ストライカーが、車 範根(チャ・ブングン/Cha Bum-Kun)だ。

 

アジアで飛び抜けた実力を示し、70年代終わりに西ドイツへ挑戦。ここでもトップクラスのFWとして活躍し、フランクフルトとレバークゼンでUEFAカップ優勝に貢献する。ブンデスリーガの10年間では通算98得点を記録し、同時代の奥寺康彦とともに東洋人欧州挑戦の先駆け的存在となった。

 

西ドイツに渡ってしばらく韓国代表から遠ざかるが、同国32年ぶりの出場となった86年W杯メキシコ大会で復帰。ゴールは生まれなかったものの、韓国のエースとして大舞台のピッチを踏んだ。現役引退後は指導者の道に進み、代表監督として母国を98年フランスW杯出場に導く。

この続きを読むには
購入して全文を読む