サイレントノイズ・スタジアム

サッカーの歴史や人物について

2024-01-01から1年間の記事一覧

《サッカー人物伝》フランク・ランパード(イングランド)

恵まれた体格と豊富な運動量で守備を支えつつ、狙い澄ましたロングパスでチャンスを創出。さらに左右の足から強烈なシュートを放ち、多くの得点を生み出したハイブリッド型MF。そのオールラウンドな能力でパーフェクトな選手と評された。

《サッカー人物伝》アンドレア・ピルロ(イタリア)

高度な戦術眼でゲームを組み立て、中盤底からパスを駆使して勝利の方程式を導き出した伝説のレジスタ。FKの名手としてもその名を轟かせ、急激に落下する軌道のシュートは相手選手に恐れられた。その技で「マエストロ」と呼ばれた世界最高のプレーメーカー。

《サッカー人物伝》セスク・ファブレガス(スペイン)

両足から長短多彩なキックを繰り出し、一瞬にしてチャンスを生み出した稀代のパサー。また縦への推進力も持ち合わせ、危険なエリアに顔を出して得点を狙った。明確なビジョンと高いスキルでゲームを構築し「建築家」と呼ばれた。アーセナルとチェルシーで活…

《サッカー人物伝》エデン・アザール(ベルギー)

細かいタッチと一瞬の加速力で、密集地帯を切り裂いたドリブラー。スピードに乗りながらも抜群のボディバランスと低い重心でボールをコントロールし、易々と相手エリアに侵入。高い得点力でネットを揺らした。卓越したプレーでベルギーの「天才」と呼ばれる。

ドナルド・ササーランドさん死去

『ハンガー・ゲーム』シリーズの脇役などで知られるカナダ出身の個性派俳優、ドナルド・ササーランドさんが20日にフロリダ州マイアミで死去したことが、息子で俳優であるキーファーさんのSNSにより公表された。死因は公表されていないが、長期の闘病生活を送…

仏女優 アヌーク・エーメさん死去

『甘い生活』『男と女』などの映画で知られたフランス女優のアヌーク・エーメさんが、18日にパリの自宅で亡くなったことが伝えられた。92歳没。50~60年代にフランスを代表する女優として活躍。その美貌とアンニュイな雰囲気、ファム・ファタールな魅力で世…

《サッカー人物伝》バスティアン・シュバインシュタイガー(ドイツ)

無尽蔵のスタミナと球際の強さに加え、高度な戦術眼と優れた展開力で攻守に能力を発揮した万能型MF。持ち前の馬力と高いスキルでゲームをコントロールするプレーはパワフルかつエレガント。時に中長距離のキックで相手ゴールを陥れた。ドイツ中盤の支配者。

昭和の名女優 久我美子さん死去

映画『また逢う日まで』などで知られる昭和の名女優、久我美子さんが9日に誤嚥性肺炎のため死去したことが、所属事務所のワタナベエンターテンンメントから公表された。久我さんは村上源氏の流れを汲む華族の出身。その気品ある容姿とにじみ出る内面の美しさ…

《サッカー人物伝》フランク・リベリー(フランス)

単身サイドを切り裂き、爆発的な加速とトリッキーなドリブルで観客を沸かせたウィンガー。またコンパクトな体型を活かした敏捷さとテクニックで多くのチャンスを演出。時に自らもゴールを奪った。顔に刻まれた傷跡と強い個性で「スカーフェイス」と呼ばれた。

《サッカー人物伝》ウェズレイ・スナイデル(オランダ)

両足から長短を織り交ぜた正確無比なキックを繰り出し、多くのチャンスを創出。広い視野と明確なプレービジョンを持ったゲームメーカー。機を見て放つミドルシュートの威力は抜群で、プレースキックの精度は他の追随を許さなかった。典型的な10番タイプ。

《サッカー人物伝》ズラタン・イブラヒモビッチ(スウェーデン)

圧倒的なボディバランスと巨体に似合わないボールスキルを持ちストライカー、セカンドトップ、ポストプレー、チャンスメイクと多彩な役割をこなした攻撃の万能選手。高さを活かした空中戦は無敵を誇り、テコンドー仕込みのアクロバティックなゴールを決めた。

《サッカー人物伝》ヤヤ・トゥーレ(コートジボワール)

抜群の運動量でピンチの芽を摘むと、巨体を活かした迫力のドリブル突破で守備網を分断。攻守に存在感を発揮した大型セントラルMF。また大きな体格に似合わず足元の技術も確かで、豪快に突き刺す強烈なミドル弾を武器にした。その偉容で「巨像」と呼ばれる。

B級映画の帝王 ロージャー・コーマン死去

監督として、プロデューサーとして生涯500本以上の低予算カルト映画を世に送り出し、「キング・オブ・Bムービー(B級映画の帝王)」の異名で呼ばれたロジャー・コーマンさんが、5月9日に自宅のサンタモニカで死去したことが地元メディアから伝えられた。

《サッカー人物伝》車 範根(大韓民国)

東洋人離れした体幹の強さと抜群の身体能力を誇り、相手をなぎ倒す加速力でゴールへ突進。両足から繰り出される強烈なシュート、打点の高いヘディングに加え、秀でたテクニックも備えた万能のFW。ブンデスリーガで得点を量産し「アジアの虎」と恐れられた。

《サッカー人物伝》ロビーニョ(ブラジル)

”ペダラータ”と呼ばれる高速シザーズを駆使し、寄せてくる相手を眩惑。変幻自在の足技で相手DFを手玉にとり「ドリブルキング」と呼ばれた。小柄ながらフィジカルは強く、敵を引きつけてのパスでチャンスを演出。観る者を魅了し「新しいペレ」と称された。

《サッカー人物伝》ソル・キャンベル(イングランド)

屈強な肉体と高い身体能力を誇り果敢なタックルで攻防戦を制したセンターバック。ポジショニングセンスに優れ、いかつい身体に似合わず動きも敏捷。高さとパワーを活かしたヘディングは攻守に威力を発揮した。2000年代前半のアーセナル黄金期で活躍した。

《サッカー人物伝》ジェンナーロ・ガットゥーゾ(イタリア)

無尽蔵のスタミナと容赦ないハードタックルを武器とし、ピンチの芽を潰しにかかった守備的MF。高いテクニックがあったわけではないが、献身的なハードワークで攻守に存在感を発揮した。闘争心を剥き出しにして誰彼なく吠えかかる姿から「闘犬」と呼ばれた。

《サッカー人物伝》ダビド・トレゼゲ(フランス)

左右両足で正確に標的を捉えるシュートスキルを持ち、ペナルティーエリア内を主戦場とした生粋のゴールハンター。長身を活かしたパワースタイルを持ち味とし得意のヘディングでは無類の強さを発揮。世界屈指のストライカーとして「ダビデ王」の異名を取った。

《サッカー人物伝》イケル・カシージャス(スペイン)

超人的な反射神経と俊敏な動きで数々のビッグセーブを生み出してきたスペインの絶対的守護神。驚異の瞬発力で至近距離のシュートを止め、ダイナミックな飛び出して1対1の場面を制圧。GKとしては小柄だが神業のようなプレーで「サン・イケル」と呼ばれた。

《サッカー人物伝》クラウディオ・ロペス(アルゼンチン)

風を切り裂く速さでピッチを駆け上がり、精度の高いクロスと豪快な左足シュートで勝利を呼び込んだ。ストライカー、セカンドトップ、ウィングと幅広くこなせる攻撃スタイルを持ちポジショニングの上手さと抜け目ない動きでゴールを奪った。バレンシアで活躍。

米俳優 ルイス・ゴゼット・ジュニアさん死去

黒人として初めてアカデミー賞・助演男優賞に輝いた米俳優のルイス・ゴゼット・ジュニアさんが29日の朝、西部カルフォルニア州サンタモニカのリハビリ施設で亡くなったことが、家族から公表された。享年87歳、死因は明らかにされていない。1936年‥・

銀幕を飾った名花 リリアン・ギッシュ

映画黎明期を飾った伝説の女優。「映画の父」と称されるD・W・グリフィス監督に見いだされ、『国民の創世』『イントレランス』『散りゆく花』『東への道』等サイレント期の大作・話題作に出演。銀幕の名花として「アメリカのファーストレディ」と呼ばれた。

《サッカー人物伝》フィリップ・ラーム(ドイツ)

170㎝と小柄ながらスピード、テクニック、スタミナに優れ、正確なタックルで鮮やかにボールを奪った。秀でたインテリジェンスで攻守の要となり、機を見たオーバーラップで攻撃参加。高い精度のクロスでチャンスを作り、世界屈指のサイドバックと呼ばれた。

《サッカー人物伝》アリエン・ロッベン(オランダ)

電光石火のドルブルでサイドを切り裂き、相手DFを混乱に陥れた爆速ウィンガー。一気の縦突破から中央へ鋭くカットインし、左足から放たれる正確無比のシュートでゴールを奪った。あまたの名将に重用され、幾多のタイトルに輝いたオランダ最高のアタッカー。

パオロ・タビアーニ監督 死去

『父 パドーレ・パドローネ』『グッドモーニング・バビロン!』などの作品で知られるイタリアの映画監督兄弟、弟のパオロ・タビアーニさんが2月29日に、ローマ市内の病院で亡くなったことが伝えられた。死因は明らかにされていないが、近年は闘病生活‥・

《サッカー人物伝》ウェイン・ルーニー(イングランド)

スピード、パワー、テクニック、運動量とすべてに秀でた万能ストライカー。高い決定力と献身性を備え、チームを勝利に導いた。またパスセンスにも優れ、チャンスを見極める戦術眼も確か。現代プレミアリーグを代表するフォワードとして活躍したマンUの怪童。

元西ドイツ代表DF アンドレアス・ブレーメ死去

20日、元西ドイツ代表DFで90年W杯優勝メンバーのアンドレアス・ブレーメさんが、心不全によりミュンヘンで急死したことが同氏のパートナーを通じて伝えられた。享年63歳。現役時代のブレーメさんはプレースキックの名手として活躍。ドイツの強豪‥・

異端の貴公子 モンゴメリー・クリフト

陰影を帯びた美しいマスクと、知性に裏付けられた確かな演技力。そのナイーブな佇まいに、危うさの魅力で観客を惹きつけた。その一方、周りに酌みしない反骨心を持ち、同年代のマーロン・ブランド、ジェームズ・ディーンとともに「反逆のスター」と呼ばれた。

《サッカー人物伝》アレッサンドロ・ネスタ(イタリア)

均整のとれた体格に、オールラウンドな能力を兼ね備えた世界最高峰のCB。空中戦でもフィールドでも1対1に絶対的な強さを誇り、切れ味鋭くボールを刈り取るスライディングはもはや名人芸。相手の攻撃をことごとく打ち返し「イタリアの防波堤」と呼ばれた。

破滅の女神のスキャンダル ラナ・ターナー

たぐいまれな美貌とファム・ファタールな魅力で殿方を虜にし、40~50年代ハリウッドで活躍した女優のラナ・ターナー。複雑な家庭環境で育ちながら、スカウトされて映画界入り。胸を強調したタイトなニット姿で「セーター・ガール」と呼ばれて注目を・・・